無駄な頭皮マッサージや育毛剤はストレス要素にしかならない

薄毛を防ごうと必死に頭皮マッサージをやっていた頃の反省なのですが、時間を選ばずあまりに頻度を増やしマッサージをし過ぎると、返って頭皮を痛めてしまい、痒みや湿疹の原因となってしまうので、十分気を付けた方が良いです。http://www.listentopolo.com/

20代から30代始めにかけて、自分が最も育毛に熱心だった頃、日々育毛剤を塗布しては入念に頭皮マッサージを繰り返していたものでした。

日々の生活の中で空き時間が生まれれば、無意識に両手が頭頂部へ伸びてしまう程でしたが、始めの頃はそれが頭皮に対して返って負担になっているとは気付きませんでした。

食生活の改善もあって皮脂も減り、頭皮のベタツキも無くなってきたのですが、その頃からマッサージ後の痒みやフケの増加が急に起こる様になり、返って不快感が増してしまったのです。

結局、薄毛を受入れ頭皮マッサージを止めてしまうまでそれらの症状が止まる事は無く、不快感と共に過ごす羽目となってしまいました。皮肉な事に育毛やマッサージを止めてから急に頭皮が快適になり、今までの苦労は何だったのか・・・と、我ながら馬鹿らしく思えてきたのでした。

身体や頭皮に合わない無駄なマッサージや育毛剤は、返って不快感を増やしストレスの原因となってしまいます。長期的に見れば、むしろスッパリ諦め受入れた方が時間の無駄にもならず、有意義に日々を送れるものです。


取り返しのつかない顔のシミ

肌のトラブル・悩み、それぞれですよね。私も幾つもありますが、一番悩んでいるのは顔のシミです。

10代~20代前半の時期は無防備なまま海に行っていた事が大きな原因だと思います。

【本音口コミ!】ととのうみすとを購入

10代の頃は格好良く日焼けしたいと思い、体にサンオイルを塗って砂浜に寝て時間を過ごしたりしていました。一応顔には塗らない様に避けてはいましたが、かと言って日焼け止めクリームを使って防御する事はしていませんでした。

20代に入ってからは、多少日焼けを気にする様にはなり、水着の上にTシャツや短パンをはいたりして、顔にはやっと日焼け止めクリームを塗る様になってきました。しかし、この時点では時 既に遅し、だった事を後で嫌と言う程味わう事になります。

24,25歳位になると、顔全体に出来た 薄かったハズのシミが、時と共にどんどん濃くなっていくのです。鏡を見る度にショックが大きくなり、どうにかしないと、と焦る様になってきました。

ホワイトニング効果を謳っている美容クリームを手当たり次第試してみました。良いと言われるビタミンパックも何度もやってみました。しかしなかなか効果を実感出来ませんでした。高価な化粧品を使ってもみました。が、結果は同じでした。

そうこうしているうちに今では、シミを無くす事は諦めて、これ以上シミが濃くならない・少しでも薄くなる・そしてこれ以上増やさない様に、充分な注意をする事にしました。

常に日焼け止めクリームを塗って、鏡でチェックしています。終わりのない戦いと言う感じです。未だに後悔してもし切れない、取り返しのつかない私の長年の肌の悩みです。


お肌に優しくしなければ歳重ねてから苦労する

元々敏感肌でニキビができやすいお肌が悩みです。

中学生の頃、顔中にニキビができ皮膚科に通った程。

歳を重ねるうちに出来にくくなってはきましたが、ちょっとした刺激ですぐ出来てしまいます。

なんかポコっといる気がする…と思ったら、翌日にはニキビ(吹出物)が。。。

最近はコロナの影響で常にマスクなので、顎まわりにすぐにひょこっと出来てしまいます。

https://tips.jp/u/sayurin/a/roza

マスクをしているので、メイクはほぼせず日焼け止め程度なんですが、やっぱり多少摩擦が起きてしまってる感じです。

同じところに繰り返しできてしまいやすいので、食事にもきをつかいます。

クレンジングや洗顔も敏感肌用を使用しています。

優しく丁寧に洗いますが、たまにうわーっと一気に洗いたくなります。。。

気になることやストレスを感じるとそれも影響しやすいので、基本嫌なことはスルーし、溜め込まないようにしています。

これからの季節、日焼けも気になります。

若い頃は日焼けして色黒になりたかった時期もありましたが、吸収されずに赤くなり痒みが出てきて、軽い火傷状態になった事もあり、諦めました。

(今思えば諦めて良かったですが…)

日焼け止めは季節とわず使用しています。

若い頃からしっかりケアしていればもう少しキレイなお肌だったのかなとも思いますが、しっかりケアして、お肌を労わっていきたいと思います。


口の中の臭さに関すること

口の中の香りというものはそれこそどうしようもないことがあるのですが普段からしっかりとした歯磨きをしたりということで改善できます。

本音口コミ!ブレスマイルウォッシュの効果から解約方法までを完全レポート!

割りとすぐになんとかできることがあるのが歯磨きという手段ですが、例えば内臓などはよろしくない状況になってしまっているというのであれば口の中を洗うという程度のことではどうしようもできないことがあったりするわけです。そうした時にはどうするべきであるのか、といえば腸内環境とかそういう部分を良くしようとすることです。そこからすべてが改善されることがあります。これはそこまで簡単にできることではないでしょう。しかしやはり基本となるのは歯磨きでしょう。歯磨きをしっかりとすることによって、口臭をだいぶよくすることができるようになります。

口の中を根本的に清潔にするということが重要なのですがミント系の飴などをよく舐めておくようにするということも意外と効果的です。飴自体の香りというのもそうなのですが、なんといっても唾液が口臭には重要であるからです。口の中がカラカラですとどうしても口の中が臭くなるということがありますから、これは避けるようにしたほうがよいでしょう。それがベストとなります。


大きすぎる胸も難あり。

私は小学生の頃から胸が大きくて目立つ方だった。小学5年生の頃のあだ名は「牛」だった。スポーツブラで押さえつけてもハリルと揺れるので人の目線が気になり自然と猫背になってしまった。

ルルクシェルのナイトブラを付けた効果

これは胸の大きい人のあるあるだと思うが、少しでも誰かに相談でもしようものなら「胸が大きくていいじゃない。自慢してるの?」と言われてしまう。
それにピッタリ目の服を着ていると「胸を強調している」と言われるし、大きめの服を着ると凄く太って見えてしまう。本当は体の線に沿った服を着たいが、いつも何を着たら良いのか分からなくなる。

そして一番嫌なことは男性からの目線である。通りすがりに横目で見られることも多い。本人はこっそり見ているつもりだろうが、目線が胸にしか行っていないのですぐにわかる。見られるだけならばまだ良いが直接「胸が大きいね!彼氏が喜ぶでしょ。」と言ってくる人もいる。別に男性の為に胸が大きいわけではないので心底気持ち悪いと思ってしまう。

男でも女でも人の胸にとやかく言って来る人の多さにうんざりしてる。私は絶対に人の体型を話題にしない。それぞれに悩みがあるだろうし当事者にしか分からないこともある。
こんなことならば私は小さくて目立たない胸が良かった。


コンプレックスな髪の毛

小さい頃からくせ毛でうねっているところが嫌いで寝る前に帽子をかぶって寝てみたり髪の毛を結んで寝てみたりと試行錯誤していましたがいまいち効果的なものはなく結局自分でヘアアイロンを買えるようになるまでくせ毛と付き合ってきました。高校生になりヘアアイロンを使い始めた時はくせ毛は一時的にか解消されるのですが、汗や湿気には勝てず夏や梅雨時期はまたくせ毛を我慢していました。さらに大人になってようやく美容院で縮毛矯正ができるようになってようやくくせ毛問題は解決されました。

エメリルヘアオイル

しかし、今度は髪質の問題なのかヘアアイロンやコテを使ってスタイリングをすると髪がカチカチになり指通りがとても悪くきしむようになってきました。

いろんなシャンプーを使ってみたり乾かし方を試行錯誤してみましたが、あまり効果が見られずとりあえずヘアアイロンだけは使わずにいられるように縮毛矯正に頼っていますが、コテで髪の毛を巻いた時は長時間そのままにしていると未だにきしんで指通りが悪いので、自宅でできるヘアケアをもっともっといろいろと考えてみたいと思います。また、ずっとパサついているような感じで艶もないので自分に合ったヘアケア用品も見つけられたらいいなと思います。


子育ては子供に教えられ一緒に学ぶ

私は三人の子供を育てました。上二人は社会人となり、下の子がまだ高校生ではありますがほぼほぼ子育て終了かななんて時期にきています。初めての子育ては本当に何もわからず不安ばかり、何でこんなに泣くのか何でこんなに寝ないのか…私自信も余裕がなくてイライラしていました。

プラステンアップα

でもそんなイライラは子供には伝わってしまうもので余計に泣き余計に寝ないのが現状でした。三人目にもなると自分にも余裕がでてくるのか泣いていてもびくともせずはいはいって感じで穏やかにあやせるし、下の子は自然と良く寝る子になるんですね。このぐらいの年にはコップをわざとひっくり返したりしたなとか冷静さもありました。子供が保育園や幼稚園に通うようになればお友達同士のやりとりや保護者とのかかわりもでてきました。

お友達を叩いてしまったり噛んでしまったり、その度に相手のお家に謝りの電話をしたものでした。その時相手のお母さんがお互い様ですから気にしないで下さいと。いつうちがやる側になるかわからないんですからと。すごく気持ちが楽になったのを覚えています。

それからは私もお互い様ということを頭におき、自分の子がやられた時だけ大騒ぎしていると次に自分の子が他の子にしてしまったとき同じように大騒ぎされたら嫌だよなと思うようになりました。

小学生や中学生になればスポーツ少年団や部活動で保護者会なども始まりました。今度は親同士のお付き合いが多くなりした。仲良くいれるときはいいけれど、何かあるとギスギスしてしまって女は面倒だなと私は思っていました。でも、いろんなお母さんがいるといろんな考えがあって、自分が考えてるように同じに考える人ばかりではないんだとこんな考えの人もいるだ。

こんな風に受け止めてしまうんだと回りが必ずしも同じ考えとは限らない、いろんな人がいるんだと知りました。それからは意見が違ってもそれは仕方ないことでいろんな意見の中でどうまとめていくかを考えるようにもなりました。子供を通して親との付き合いも学んだと思います。過保護な親ほど自分の子に嫌がられている人が多く感じていました。

子供だって意思をもった人間で親の所有物ではないですから、大きくなればなるほど鬱陶しく干渉されるのを嫌います。逆に適当に放っておくと子供から話を聞いてほしくなったり近づいてきたりしました。放っておくといっても全く気にしないのではなく子供のことはいつも見て心配しているけれどそれを子供に恩着せがましく言わないことかなと思います。子供の成長と共に親も親となっていくために育てられ学びがあることを実感しました。


20代後半から下がり始める、私のお肌

お肌が乾燥する時期になってきました。リンクルシャインって消えないシワ・シミにどう?使ってみた感想と口コミをご紹介!

20代に入り毎年思うことがあるのですが、10代と20代まったくもって肌質が違う。違いすぎます!

最初に「ん?」と思ったのは、毛穴。10代でも多少の毛穴はありますが、違うんですよ。丸い毛穴じゃなく長丸みたいに伸びたような毛穴。

そこから、毛まで生えてきて…砂漠に1っ本の枯れ木が生えてきたような、複雑な心境になります。

毛穴ケアは結構難しく。自分の肌を知らないといけないんです。

肌質には「乾燥肌」「オイリー肌」「混合肌」の3つに分かれます。

乾燥肌とオイリー肌は意外とお手入れしやすい肌質なんです。しかし、この混合肌が厄介で、私も混合肌で本当苦労しています。

乾燥するときは乾燥するし、オイリーの時はベタベタです。

どうにかしたく、評価の良いものから片っ端から使っています。まだ良い商品に見つかっていませんが。

気になり出したら止まらないのが女だと思うんですが、鏡の前で、「毛穴…」とつぶやいた時、ほうれい線が出てきていて

びっくりしました。

コロナウイルスの関係で、皆さんマスクを着用する機会が増えていると思うのですが、マスクをすることで顔のに緊張感がなくなり

顔の筋肉が衰えていき垂れ下がりほうれい線の出来上がりです。

よく、人から見られるお仕事をされている方は肌が綺麗だという人がいて、本当にそうだと思いました。

マスク美人という言葉が出るわけですね。